沖縄そばを食べよう!

沖縄のソウルフードの主役です

沖縄には沢山のソウルフードがありますが、中でも一番ポピュラーなのが沖縄そばです。県内の至る所に沖縄そばの店はありますが、それぞれの店ごとに味が違うのが魅力です。色々な店で食べてみてお気に入りの一杯を見つけましょう。沖縄そばは透明の鰹だしベースのつゆに沖縄独特のそばと柔らかく煮込んだ肉が入っているのが特徴です。三枚肉という皮付きの豚肉を柔らかく煮込んだものが乗っているものを沖縄そば、骨付きのスペアリブのような肉が乗っているのをソーキそばとよび、どちらもメニューにある店が多いです。テーブルにはコーレーグースと呼ばれる島唐辛子を泡盛に漬け込んだ調味料、青ネギ、紅ショウガ、店によってはフーチバ(ヨモギ)がどっさりとおいてあります。お好みで入れて食べます。

島でもやっぱり沖縄そば

沖縄本島から離島に足を伸ばす人も多いでしょう。宮古島では宮古そばと呼ばれ、竹富島や西表島などの八重山諸島の島々では八重山そばと呼び名が変わりますがいずれも島や店の看板メニューとなっていて、沖縄そばと同じく人気を誇っています。共通しているのは、沖縄そばが沖縄の人々の大切な食文化として受け継がれているということです。おばあの名前で人気の店や、お肉を麺の下に隠し見た目が麺とつゆだけで運ばれて来て客を驚かせる一杯などもあります。離島ではピパーチという薬味が置いてある店も多く、これは本島ではあまり見かけませんが、シナモンのような独特な香りが特徴でやみつきになる旅人も少なくありません。好きになってしまった場合は、ホテルや港の売店でも売っているのでチェックしてみてください。

東京発の西表島のツアーは、石垣島まで飛行機で移動した後にフェリーで西表島まで向かいます。島内でゆったり過ごしたい場合は、4泊5日や5泊6日といった商品を選んでおくのが大切です。