沖縄のお菓子を食べよう!

遊びに行ったら是非食べたい!ローカルお菓子

沖縄に遊びに行ったら、沖縄らしい物が食べたいですよね?例えばお菓子だと「サーターアンダギー」や「ちんすこう」なんかが有名ですが、他にも沖縄には伝統的なお菓子がいろいろ存在します。
まずはスーパーに行けば気軽に買えるお菓子「塩せんべい」です。名前にせんべいと付いていますが、お米を使っていないのです。しかし食感は通常の煎餅のように外は固く、中はふんわりとしています。塩せんべいは駄菓子の定番でもあり、中にはチョコソースが付属している物もあります。次に紹介するのは「くんぺい」です。くんぺいは琉球王国時代から伝わる琉球菓子の一つです。小麦粉と砂糖で作った衣の中に、胡麻や落花生の香ばしい餡が入ったもので、沖縄ではお供え物の定番となっています。

やっぱり捨てがたい!定番お菓子

ローカルお菓子も勿論いいですが、やっぱり定番のお菓子のほうがいいと思う人もいると思います。例えばサーターアンダギーは砂糖をふんだんに使った揚げ菓子です。サーターが砂糖、アンダギーが油で揚げたものという意味です。沖縄の人気おやつで、材料は小麦粉、砂糖、卵の三つシンプルで、作り方も生地を油で揚げるだけと簡単です。沖縄県内には専門店も存在し、近年は様々な味のバリエーションがあります。 もう一つ定番といえば「ちんすこう」です。こちらは伝統的な焼き菓子で、食感はしっとりとした物から、クッキー風のザクザクとした物まであります。味も多くの種類があり、形も細長い定番の形状以外にも、ハートや星といった物も登場しています。

与論島の旅行者は、その多くが海水浴や温暖な時期に来る事から、5月の大型連休や夏休みシーズンは料金が高い繁忙期になります。